バリ島での事件

皆さん、こんにちは。

バリ島での痛ましい事件は、私たちにとっても人ごとではありません。
日本でこの事件について伝えられるとき、とても簡単に、省略してニュースになっているようなので、現地の新聞や英字新聞を通して得た情報をここに記載しておきます。

ソースは、Japan Todayさんの記事と、
今はもうトップページには掲載されていませんが、テンポ・インタラクティブさんに昨日まで載っていた記事を引用させて頂きます。



被害者の女性(33)は2009年9月16日の夜、バリ島に到着、ホテルPRANIにチェックインしました。(チェックインの日付については24日という報道もあります。)このホテルはLegian地区にあるバリらしさのある中級ホテルです。このホテルは日本のニュースでは名前は出されていませんが、映像に映っていました。
この女性は、毎日朝早くから夜まで外出していました。観光客なら誰でもそうだと思いますが、ゆっくりホテルにいることはなく、ホテルの従業員もあまり彼女のことを覚えていないようでした。

25日のAM2:00頃、ホテルに現地の男性が訪れました。その男は、警察官の制服を着てホテルのフロントに行き、こういう日本人を探している、と告げました。警察のID(身分証明)をフロントの従業員に提示し、この日本人はドラッグをやっている疑いがあるので、部屋まで案内するようにと言いました。
フロントの従業員はその男を警察官と信じて、部屋に案内しました。その時は、被害者と一緒に滞在していた友人を取り調べると言ってバイクで連れ去りました。
その30分程後、再びその男はホテルを訪れ、取り調べに同席してほしいと言って被害者を連れ出しました。
1時間後(AM3:30頃)にその男だけがホテルに戻って来て、彼女の部屋からバッグを2つ持ち去りました。

28日のPM4:00、異臭に気付いた付近の住民が、Jl.Mertanadi(Jl.Kuntiの1本北の、東西に走る大きな道)沿いの空き地のやぶの中で半裸状態の遺体を発見しました。
彼女の周りには、携帯電話、化粧品、下着、ホテルのルームキーなど彼女の所有物が散乱していました。体には無数のアザや怪我やレイプされた跡がありました。
携帯電話から、所有者が割り出されて被害者の身元が判明しています。

被害者と同行者は一緒にホテルにチェックインし、その間、外で現地の男性が少しの間待っていたのが目撃されています。

被害者は、29日の便で帰国予定でした。

インドネシアの日本語新聞『じゃかるた新聞』にはさらに詳しく掲載されています。
[PR]

  by mohyo2 | 2009-09-30 07:30 | バトンとかもひょつのコト

<< MerpatiでFloresへ Sep2009バリ⇒マウメレ⇒... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE