Show in Tivoli, Utrecht, Holland

皆様,Good Afternoon!!!
まぁぃろぃろ理由をっけてブログを放置してますが↓↓
前回のトピなんか写真①枚で済ませてぃますが↓↓
すぃません。

別に忙しぃヮケでも体調崩してるヮケでもなく,サボりグセがっぃてぃます(-_-;)
そしてミニブログとはょく言ったもので,twitterでぃろぃろ済ませてぃますが。
『もひょつんち』まだ閉めませんし,継続しますし,
SPAも行くしBALIも行くょ!!

って宣言してぉかなぃとね~(笑)


でゎでゎ,忘れなぃぅちにブログ書かなきゃね~。
オランダはユトレヒトのTOPICを期待して見に来てくれた皆様,すみません。
本日は,日本が世界に誇るヴィジュアル系バンド『X JAPAN』のライブのTOPICですm(__)m
免疫なぃ方はこのTOPICはスルーして,次回以降にまたぉ越しくださぃ。ぁりがとぅござぃます。






開演時間が押すことで有名なこのバンド(笑),それは世界中どこへ行っても変ゎりません。
なんならそのスタィルを貫ぃてほしぃ^^
当日の朝からとか,前日の朝からとか,ず~~~っと会場前に並んで開演を待ってるファンにとっては,待ち時間が①時間遅れょぅと大したことではなぃのです(笑)
むしろ押したとしても,無事に始まったことに感謝さぇするとゅぅね。


d0038319_1461122.jpgまぁそぅゅぅもひょつは慣れたもので,開演時間に会場に向かぃました。m(__)m
ファン失格とか言ゎなぃで。寒かったの~~

なのにまだ並んでるょ。
さっき偵察に来た時には,会場のぁるブロックの角を曲がって列が続ぃてたんだけど…。列は入り口に向かって動き出してぃるものの,200mくらぃ並んだかなぁ~。
前は現地のファンの男女混合グループで,後ろは現地在住っぽぃ日本人たち。

d0038319_149855.jpg入り口だょ。
セキュリティっぽぃ人がぃるけど,何もしてません。(笑)
ぅ~~ん,ドアくらぃ押さえてるのかな?

このショーのために並んだファンの列はもちろんユトレヒトの町全体の注目を浴びてぃました。
一体何なんだ!!ってゅぅね。だってほら,ファッションとかも目を引くし,それが団体でぃるんだもんね。この列さぇパフォーマンスの①っなんだょ!


d0038319_1495068.jpg中は通路がぁって,まだ並んでる。

この会場は本来なら,メジャーデビュー前くらぃの新人ァーティストがやる場所なんだって。実際そぅゅぅサィズ。だからこの会場がこんなにオーディエンスで溢れるのは実は開業以来のことなんじゃなぃかな。

d0038319_14133634.jpgチケット窓口。

ヨーロッパのチケッティング・サービスって進んでる。たぶん、日本ょり先進的だと思ぅ。
日本のょぅな『チケット』に引きかえたりしなぃの。
オンラィンでチケットを取ったら,QCバーコードのっぃた控ぇをプリント・ァゥトするんだ。そぅしたら入り口でその紙のバーコードの部分を見せれば『ピッ』ってしてくれる。
でもチケットなら半券が記念に残るし,どっちもぃぃところはぁるんだょね~。

もぅ①コ。こぅゅぅ会場では飲み物を売ってて飲みながら見れたりもするんだけど,ァルコールもぁる場所だから入り口でIDチェックがぁります。
IDを持ってきましょ。ァジァ人は特に若く見ぇるからね~。若く見えるって自信のぁる方は是非!!

d0038319_14183883.jpg会場,狭っ!!

分かりますかこの狭さ。
後ろの①段上がったYOSHIKIサマ専用ステージは通常,真ん中にドラムがで~~んと置かれ,左にはドラ,右にはクリスタル・ピアノが置かれます。
でもこのサィズだと,ドラムとピアノでぎっしり。
そして下のステージに降りる階段は,幅①㍍くらぃですね。ぁりぇなぃ!! HIDEちゃんが座ったらTOSHIくんが通れなぃょ!!ってサィズ。

ドーム埋める人たちですょ~?

d0038319_1422533.jpgどぅせ前列には行けなぃので,②Fに上がって撮影してきました(笑)
オールスタンディングで席はなぃの。だから自分がその場所からぃなくなったら,誰かに取られるだけ。
この会場のキャパは1200人ちょっとらしぃです。
もひょつが行くVENUEの中で①番小さぃサィズになります。

d0038319_14241244.jpg②Fからステージも撮ってきました。
海外は会場内での撮影にっぃて結構ュルぃトコロがぁります。まぁ撮り放題なんだけど…きれぃな画質で撮れることなんてめったになぃですから…。

ただこんな画像でも,会場の熱気が伝ゎるとぃぃなぁ~。
キレィなラィティングでしょ?

この後①Fに戻って,バーカゥンターでビールを注文した後,ガラス張りの喫煙ルームぇ…。



ぇえ,通常通り,開演押してますょ?
ってかもひょつがこの会場に来た時間が開演時間なんですから!!(笑) どのくらぃ待ったかなぁ~。
ィンド系オランダ人のファンの兄妹と仲良くなって,喫煙ルームでひたすらおしゃべり。多分,喫煙ルームに①時間くらぃぃた気が…(笑)
そして現地在住の日本人の女の子も混ざって,喫煙ルーム内の輪が広がります。
めっちゃゴッィTATOOしてる人とか,シルバーァクセをジャラジャラつけた人とか↓ぃろぃろぃるんだけど,話してみると全員,本っ当~~~に普通なの。
Xを知った頃,見た目だけで引ぃてた時期もぁった。だけど彼らを好きになって,人間は見た目で判断しちゃぃけなぃ,って心の底から考ぇを改めたから。



聖歌のょぅなS.E.が流れたら,反射的に立ち上がって喫煙ルームを出た。
セットリストはご存じのとおり。
近ぃ。とにかく近ぃ。
①Fのぉ客さんの最後列だったけど,近ぃの。
さっきまで喫煙ルームでキャッキャキャッキャとガールズ・トークしてぃたもひょつが,ぃきなりデス・ボィスで叫びだすもんだからィンド人兄妹ビビるビビる(笑)
でもそのぅち彼女らも,Xのショーの楽しみ方が分かったみたぃですっごぃ叫んでた。
そぅそぅ。そぅこなくっちゃ!!


この会場でのMCもLe Zenith、Paris公演と基本同じだったょ。
ォランダで盛んなスポーツでぁるクリケットを『I love it』って言ったり。まぁそぅゅぅのはぃろんなアーティストがゃることだけどね。
それから,『もちろん東日本大震災にぉぃてたくさんのサポートとメッセージを世界からもちろんォランダからも頂きました。ありがとうございます』って。

そして,ここヨーロッパでコンサートができるまでになった長ぃ道のりのこと。
『TOSHIとは4歳の時に幼稚園で出会って,⑩歳の頃には,将来はロックスターになりたいねって夢を語り合った。
デビューしてからも,バンドの解散ゃHIDEの死…ぃろんなことがぁって,本当にくじけそぅだったけど,ファンの皆が応援してくれたからここまで来ることができた。本当にぁりがとぅ。
今は夢が叶って本当に幸せ。みんなも,信じれば夢は叶うから,その夢に向かって絶対にあきらめないで。』って。

『ところで,最初ォランダはヨーロッパ・ッァーのスケジュールに入ってなかったんだょ。
でもレコーディング・スタッフにBOYってぃるんだけど,ぁ,BOYってぃぅ名前なの。ふざけた名前でしょ? その彼がオランダ出身なんだけど,オランダでもやってみれば,って言いだしたの。
オランダの小さな会場で,Xの知名度を試してみなょ,って言って。それでやるコトになったの。』


I.V.でステージ下手へダィブ。ドラムを叩かずに自由に動ける時間なんて決まってるから,大抵やるならココしかなぃ。この辺りではHEATHも脱ぃでた。細ぃッ☆初めて見た(笑) もっと鍛ぇなさぃ。そしてもっと食べなさぃ。(母親?)
それから本編最終曲XでYOSHIKIサマが上手ぇダイブ。
…そこで,事件が(笑)


後ろから見てぃたけど,上手側のぉ客さんたちが急に①㍍くらぃ全体的に前に進んだの。どこにそんなスペースがぁったんだ?って思ってたら,ぉ客さんとステージを隔てるバリケード,上手側が崩壊(笑)
ステージ方向になだれ込む形に。
ぃろんな国でショーを見て来たけど,ォランダの観客って無理に前の人を押すコトもしなくて。比較的安心して人波の中でも立ってぃられたんだけれども。
YOSHIKIサマが降ってくればそりゃ冷静ではぃられまぃ。一斉に殺到したそのパワーは,今まで気を抜ぃてボッサ~~っと立ってただけのSTAFFと,ヤワな細ぃ柵を軽々となぎ倒してしまぃました。(笑)


ステージ袖からスタッフが飛び出してきて,ょりにょって曲の最中だってぃぅのに両手で『タィム』のポーズ。メンバーは演奏をやめた。
(ごめん2011年9月23日現在,iNAさんのブログ見たら,飛び出してきたのはiNAさんだったので訂正しとくね。)

YOSHIKIは両手を上げて『WHY?』って抗議のポーズ。イエローカード出されたサッカー選手みたぃにね。
見ぇなかったけど,将棋倒しは本当に危なぃもん。そしてSTAFFはオランダ語と英語で観客に呼びかけたの。『危険だから押さなぃで。落ち着いて。①歩ずつ後ろに下がってください』
でもそのSTAFFは気付ぃたんだと思ぅ。観客には日本人も多ぃ。日本語でも呼びかけてぁげたぃ。

だから,リーダーでぁるYOSHIKIにマィクを渡した。



…それが,間違ぃで。

YOSHIKIはマィクを受け取ると,両手で握りしめて,ぉ腹から声を振り絞るょぅに
『WEEEE AREEEEE!!!』
って叫んだの!!(笑)


違ぅダロ!!
あおってどぅする(笑)


もぅ客は条件反射だょね?
そして曲が始まった。最後の曲の続きから。
ぁ,SUGIだけは『Are you alright?』って①応,下敷きになったファンの子を気遣ってたかな。

でもこの曲はね,残念ながらさ~,かの有名な『エックスジャンプ』をする曲なのょ。
『押さないで』とか『落ち着いて』とか無理。そぅゅぅ曲じゃなぃの。
これは危険な曲なの(≧▽≦)

最前列にぃるファンなら覚悟してる。
大勢の人の下敷きになるかも。骨折れるかも。でもぃぃの。
もし私なら,ラィブで死ねたら本望(笑) (実際にひどぃことになったことがある人,ごめんね)

さっき倒れた上手側の柵を抑ぇるために,下手側のSTAFFまで総動員。TIVOLIのスタッフ!!通常のラィブじゃ相当ヒマなんだろぅな~(-_-;)慣れてなぃこの対応。
だから今度は下手側の柵が倒れそぅだょ。だから下手最前列のファンの子たちは,倒れなぃょぅに一生懸命ありったけの力で,柵を押さぇてぃたんだって。ありがとう!!あなたたちはコンサート会場で働ぃてるスタッフよりもコンサートとゅぅものを理解してぃるんだと思ぅ!!



そして長ぃ長ぃァンコール待ちの間に…,この会場のエラィ人がまたマィク持って出てきた。

『このコンサートを続けることは難しいんじゃないかと思っています。さっきみたいなことが起きたら本当に危険で…。だけどメンバーはアンコールまでやりたいと言ってる。あなたたちはどうですか?もう①度X JAPANを見たいですか?』

観客『YEAAAAAA!!』

『もしショーを継続させたいのなら,どうか落ち着いて,絶対前の人を押さないで下さい。そして皆①歩ずつ下がって。』

みんなOKと口ぐちに言って①歩ずつ下がる。きっと前の方はぁんまり下がるスペースなんてなぃと思ぅけど,そんなそぶりを見せた。

『絶対押さなぃって約束してもらえますか? 私たちは誰にも怪我してほしくなぃのです。』

皆が約束すると,しばらくしてメンバーが出てきた。

ハィみんな殺到。(笑)
少しだけね。


YOSHIKIはステージ袖に消ぇて行ったSTAFFの方向を向ぃてまたさっきの抗議のポーズ。
だって彼らにとってこぅゅぅステージってょくぁることだから。メンバーもファンも慣れてる。
慣れてなぃのはTIVOLIだけ(笑)


帰り際,みんなに挨拶して自転車でHOTELに戻る。てか実際は会えてなぃコたちもぃた。だけど外は寒くて,汗だくだったのに急激に冷ぇて体温を奪ゎれた。
途中で,ロングコートを着た黒人の男の人に声をかけられたの。
『XXXXXXXXXXXXXX?』
でもォランダ語分かんなぃし怖ぃ。自転車で必死に逃げた。
だけど追ってきたその英語は
『誰のコンサートがぁったの?』
だった。答ぇてぁげればょかった。

もひょつが去った⑩分後くらぃにメンバーが出てきたって。出待ちすればょかったm(__)m




このショーはすごく印象深ぃの。もちろん日本の大きな会場でのコンサートは圧巻でステキ。
だけど初期の彼らを見られなかった私にとって,きっと彼らの始まりはこうゅぅカンジだったんじゃなぃかって感じるの。
爆発寸前の,エネルギーのかたまりがものすごく溜まって凝縮されて押さえこまれてるカンジ。
…全国を回った。『白い鯨号』に乗って。みんなで交代で運転して,メンバーそれぞれのお気に入りの音楽を順番にかけて。
トランクにはロゴ入りのグッズ。高速道路でステッカーをまき散らしたことも。そしてそれをみんなで,車をよけながら拾ったことも。


コンサートに行くたびに,夢の世界を見せられて,熱狂に飲み込まれて,心ごと引っ張られて持ってかれて
それから
現実に直面する。

…HIDEに会いたい。
[PR]

  by mohyo2 | 2011-09-10 14:31 | Utrecht

<< Finnair MAAFm(__)m >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE